わかば会の理念

園の設立まで

園の設立まで

当法人は「働く父母が安心して預けられる保育園」「子どもたちの全面発達」を目標に掲げ、昭和56年4月に「わかば保育園」を開園しました。

当時盛岡市内には産休明けの長時間保育を実施している保育園はなく、共働き家庭は二重保育や無認可保育園に預けざるを得ませんでした。

このような状態を何とか解消しようと、当時無認可保育所だった高松わかば保育園を母体に父母たちが「わかば保育園をつくる会」を結成し、市内外から数多くの人たちの寄付金等物心両面にわたる支援を得て、5年間の運動の末に、わかば保育園を設立することができたのです。

設立に向けた運動の間、当時としては数少ない産休明け、長時間保育、また、休日保育や、支援児保育、園庭開放なども積極的に行い、地域に開かれた保育園として地域の皆様の要請に応えられるよう活動してきました。

その後、平成7年に北松園風の子保育園、平成3年に宇宙学童クラブを開設。また、平成24年に盛岡市から本宮保育園を譲り受け、地域の子育て支援と学童の健全育成のため努めてまいりました。

わかば会の想い
わかば会の想い
わかば会の想い

わかば会が大切にしていること

保育理念

  • 心と身体の発達を保証する
  • 保護者が働くことと子育てを保証する
  • 保護者と保育者が力を合わせて保育を創る
  • 地域の拠点となり子育て支援をする
  • 保育者がゆとりをもって保育できる職場づくりをする