盛岡市にあるわかば保育園と北松園風の子保育園、本宮保育園は、リズム運動を取り入れたはだし保育に取り組んでおります。

食育

おいしい、たのしい食事

子育ての基本は食育にあると考えています。
子どもたちに食べさせる食事は農薬や添加物の少ない食材を使い、安全な手作りの給食を心がけています。
具体的には次のような考え方に基づき給食を実践しています。

(1)農薬や添加物の少ない食品を使う

(2)インスタントや冷凍の調理済みの食品は使わない

(3)精製され過ぎた食品、調味料は使わず、ドレッシングやカレールーも手作りにする。

(4)おやつは手作りにする

(5)食品の持つ味がわかる味付け、噛む力をつけるための切りかたにする

(6)子どもたちが栽培したものを収穫、調理して食べる

(7)子どもたちが食器を運び、自分で盛り付けをして食べる

(8)安全で子どもの発達にあった陶器や木の食器を使用する

(9)食物アレルギーの子どもには手作りの除去食を提供する

毎日の食事作りでは季節の食材をたっぷり取り入れ、彩りがゆたかな献立になるように心がけています。
和食を基本とした「一汁三菜」のすべてが手作りです。
秋にはさんま焼きの会などがあり、旬のさんまと芋の子汁を園庭で食べます。
おやつには「がんづき」や「ひゅうず」「すいとん」など郷土食を取り入れています。
食器は化学樹脂製のものではなく、本物の感触があじわえる陶器と岩手県洋野町で作られたぬくもりのある大野木工のおわんを使用しています。

こだわりの給食 献立

献立紹介
 
離乳食メニュー
 
 
 
こだわりの食器

1歳児

1歳児

  • ・陶器の皿(トーホ)
  • ・汁碗(トーホ)
  • ・スプーン(トーホ)

2歳児

2歳児

  • ・陶器の皿(トーホ)
  • ・汁碗(大野木工)
  • ・スプーン(トーホ)
  • 後期には箸、磁器の茶碗、皿に変更になります。

3歳児

3歳児

  • ・磁器の茶碗(給食企画体)
  • ・皿(給食企画体)
  • ・汁碗(大野木工)

4・5歳児

4・5歳児

  • ・磁器の茶碗(給食企画体)
  • ・皿・大小(給食企画体)
  • ・汁碗(大野木工)

食育活動